メール

バリアフリー

  「バリアフリー住宅/介護住宅」の設計とリフォームの専門サイト
こんな家づくり
養生の家
研究の家
厨房の家
工房の家
関連リンク集
インフォメーション
会社概要
シックハウス対策
地震対策
バリアフリー対策
相互リンク集
トップへ
一級建築士事務所
(有)五十嵐デザイン

03-3673-8535 
地震対策
1. 耐震補強
木造住宅の耐震補強
イラスト:国土交通省パンフレットより

日本はとても地震の多い国です。それゆえ強い住宅を作る為、大地震が起きるたびに「建築基準法」が改正され、より強い地震にも耐えるよう「耐震基準」が見直されてきました。

1978年に発生した宮城県沖地震を機に1981年に「建築基準法」が大改正されたこともり、法律が施工された1980年5月以前に建てられた住宅は「旧耐震基準」で建てられているので、巨大地震が発生した際には大きな被害を受ける可能性を秘めています。

しかしそのように「耐震強度」が不足している木造住宅でも、「耐震補強工事」をすることにより被害を最小限に食い止めることが可能となります。

まずは「耐震診断」などの調査で御自宅の安全性を確認してはいかがでしょうか?
以下は木造住宅の新築工事時に行う一般的な補強方法の一例です。

2. 筋かい等による補強

柱と梁に囲まれた部分に「筋かい」という角材を斜めに取り付けることにより、地震による揺れが軽減され耐震の効果が高まります。

構造用のベニヤ板等を打ち付けるのも同様の効果があり、併用することにより最大の強度が得られます。

ただしかたよった位置に集中しないようバランス良く配置することが重要です。

筋かい等による補強

3. ホールダウン金物による補強

土台から柱が抜けないように基礎と柱を「ホールダウン金物」というボルトで直接固定します。

これにより縦ゆれや強い横ゆれでの重大な損傷を防ぐ効果が得られます。

ホールダウン金物による補強

また2階の柱も抜けないように1階の主要な柱と「ホールダウン金物」で固定します。

建物の主要構造部である柱を補強することで、建物全体にネバリが増し巨大地震による倒壊の恐れを大きく減少させることができます。

ホールダウン金物による補強

4. 耐震診断・耐震補強・液状化対策

古い木造建築は「筋かい」等の補強材が少ないことが多く、大きな地震の揺れに耐えられない場合があります。

お住まいの家でそのような心配をお持ちの場合は、「耐震診断」をすることにより現在の家の強度を知ることができます。

もし診断結果で強度が不足しているとでた場合には、「耐震補強」工事をすることにより安全性を保つことができます。

また水辺の近くや埋立地等地盤の弱い地域に建築する場合には、建物ばかりでなく地盤の「液状化対策」も必要となるでしょう。

TOPICS 一覧

2013.05.25 南海トラフ巨大地震について3 。
2013.03.27 東京都の液状化予測マップについて。
2013.03.19 南海トラフ巨大地震について2 。
2013.02.10〜02.11 住まいの耐震博覧会2013 が開催されました。
2012.12.23 30年以内に震度6弱以上に揺れる確立「全国地震動予測地図」について 。
2012.09.21〜09.23 リフォーム&インテリア2012 が開催されました。
2012.09.07 南海トラフ巨大地震について 。
2011.03.21 東日本大震災について。


 
Copyright ©2005 IGARASHI DESIGN Corporation. All Rights Reserved.