メール

バリアフリー

  「バリアフリー住宅/介護住宅」の設計とリフォームの専門サイト
こんな家づくり
養生の家
研究の家
厨房の家
工房の家
関連リンク集
インフォメーション
会社概要
シックハウス対策
地震対策
バリアフリー対策
相互リンク集
トップへ
一級建築士事務所
(有)五十嵐デザイン

03-3673-8535 
シックハウス対策
1. シックハウス症候群とは
シックハウス症候群とは
イラスト:国土交通省パンフレットより

シックハウス症候群とは新築やリフォームした建物に入居した際、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がする等の症状です。

近年建物の気密性が高くなり、建材や家具に多用されている接着剤等から発散されたホルムアルデヒドやVOD(トルエン、キシレンその他)等の有機化合物が、屋外に排出されず体内に吸収されることが原因の一つと考えられています。

その様な濃度が高い空間に長期間滞在することは、健康を害する恐れがありますので、建物の新築、リフォームの際は使用材料の選定や換気を考慮したシックハウス対策が重要となってきます。

2. 法律でのシックハウス対策

平成15年7月1日に建築基準法が改正され、シックハウス の原因となる化学物質の室内濃度を下げる為、建築物に使用する建材の規制や、換気設備 の設置義務化が制度化されるようになりました。

国土交通省の「改正建築基準法に基づくシックハウス対策コーナー」でも詳細がご覧になれます。

法律での対応−ホルムアルデヒド対策
イラスト:国土交通省パンフレットより




(1)ホルムアルデヒド対策

(対策T) 内装仕上げの制限
内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを発散する建材には、次のような制限が行われます。
内装仕上げの制限
規制対象となる建材は次の通りで、これらには、原則としてJIS、JAS又は国土交通大臣認定による等級付けが必要となります。
木質建材(合板、木質フローリング、パーティクルボード、MDFなど)、壁紙、ホルムアルデヒドを含む断熱材、接着剤、塗料、仕上塗材など

(対策U) 換気設備設置の義務付け
シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを発散する建材を使用しない場合でも、家具からの発散がある為、原則として全ての建築物に機械換気設備の設置が義務付けられます。例えば住宅の場合換気回数0.5回/h以上の機械換気設備(いわゆる24時間換気システムなど)の設置が必要となります。
※換気回数0.5回/hとは、1時間当たりに部屋の空気の半分が入れ替わることをいいます。

(対策V) 天井裏などの制限
天井裏、床下、壁内、収納スペースなどから居室へのホルムアルデヒドの流入を防ぐため、次の@〜Bのいづれかの措置が必要となります。
天井裏などの制限

(2)クロルピリホス対策
クロルピリホスは有機リン系のシロアリ駆除剤です。居室を有する建築物には使用が禁止されます。

3. シックハウス対策例   シックハウス対策例2
 
Copyright ©2005 IGARASHI DESIGN Corporation. All Rights Reserved.