メール

バリアフリー

  「バリアフリー住宅/介護住宅」の設計とリフォームの専門サイト
浴室
浴室 バリアフリー対策トップページ
シャワー室

浴室を家族全体で利用するのは一般的なので、介護が必要な方の部屋から行きにくい場所に配置されることはしばしばあることです。

そのような場合はシャワー設備のみを寝室に設置すれば、スペースも小さくてすむので専用設備として配置する選択肢もでてきます。

座ってシャワー浴が可能なタイプもあるので負担も少なく体を洗うことができます。

シャワー室

浴室1

浴室の床と洗面所の床に段差のできないタイプが多くなってきましたので、車椅子のまま浴室に入ることも可能になります。

しかし浴槽に入ることは難しく危険が伴うこともありますので、浴槽に座る板を載せ椅子の代わりにして入浴する等の配慮が必要になります。

あえて湯船に入らず座ってシャワーを浴びる座浴でも、充分温まることができ安全に入浴することができます。

浴室1

浴室2

浴室内まで床はフラットになりますので車椅子のままでも入室することができます。

その為出入口は2連引戸タイプを選択すれば有効開口巾が大きくなるので便利です。

座浴一体型の浴室もありますが事前工事をして別付け工事にて座浴を設置しました。

浴室2

 
Copyright ©2005 IGARASHI DESIGN Corporation. All Rights Reserved.