メール

バリアフリー

  「バリアフリー住宅/介護住宅」の設計とリフォームの専門サイト
玄関の扉
玄関の扉 バリアフリー対策トップページ
連動型引戸1

連動型引戸は1枚目を開けると2枚目も同時に連動して動き約2/3の部分が開口となるので、引き違い戸や片引き戸とくらべて有効巾が大きくとれるのが魅力です。

デザインのバリエーションがまだ少ないですがこれから増えてくるかもしれません。

連動型引戸1

連動型引戸2

車椅子の通行にはわずかな段差も障害と感じることがあります。引戸を使えば玄関の外部と内部の段差を無くしスムーズな通行が期待できます。

また雨水の浸入対策も充分に検討する必要があります。

連動型引戸2

両開き戸

通常よく使われている開き戸は納まりの為、下枠部分にわずかな段差ができてしまいますが、両方の扉を開けると開口巾が大きくとれるので、大きな荷物を搬入する時などは非常に便利です。

防火性能が要求される場所に設置する場合はやむをえないですが、メーカーにこの段差を解消できる商品の開発を期待します。

両開き戸

 
Copyright ©2005 IGARASHI DESIGN Corporation. All Rights Reserved.